赤潮で生物が死に絶え、死の海と化した海域でのスキューバダイビング
2018年9月、赤潮の発生によって生物が死に絶えた、アメリカ、フロリダ州南西部沖およそ30キロから50キロの海域。

調査のために潜っていくと、魚の姿は全く見られず、カニもヒトデも貝もカニもエビもみな死に絶えた姿を残すのみ。

ダイビング開始は1:40以降。

深海とはまた違う、静まり返った色のない海が恐ろしい。

Scuba Diving In An Ocean Dead Zone













































タグ
赤潮で生物が死に絶え、死の海と化した海域でのスキューバダイビング