空気中と水中で、陶器の割れ方が変わる現象。レビンダー効果と呼ばれるものの一種
空気中で陶器のコップに釘を打つと、コップは大きく割れてしまう。

ところが、水の中に沈めた状態で釘を打つと、釘が刺さった場所にだけ小さな穴が開く。

これは、レビンダー効果(Rehbinder effect)という、表面活性分子膜によって材料の硬度や延性が低下する現象のひとつとのこと。

水中だとガラスがハサミでチョキチョキ切れる、というのもレビンダー効果だったのか。

This is called the Rehbinder effect


















タグ
空気中と水中で、陶器の割れ方が変わる現象。レビンダー効果と呼ばれるものの一種