リビアの首都、トリポリにて、2011年から工事が中断され、その後ずっと放置されていたタワークレーンが倒壊。

隣に立っていた超高層ビルを直撃し、大量の窓ガラスと外壁が大きくえぐられる形に。

きっと前兆らしきものはあっただろうに、こんなになってしまう前にどうにかならなかったんだろうか。

タグ
倒壊
タワークレーン
長年
超高層ビル
ガラス壁
瞬間
事故