世界で最も高額なワインは、ボトルを熱し、急激に冷やすことで割って開ける
イタリア、フレンツェの三つ星レストラン、エノテーカ・ピンキオーリにて、世界で最も高額なワイン、シャトー・ペトリュスを開ける様子。

開けているのは1961年ヴィンテージのシャトー・ペトリュスで、パンス・ア・ポルト(ポート・トング)と呼ばれる専用の道具を熱し、飲み口付近を挟んで高温にしたら、濡れた筆で急激に冷やすことで割り開ける。

ヴィンテージワインはコルクが劣化しているため、ワインの中に入らないように、こうした開け方が考案されたという。

2個目の動画はニューヨークのレストラン、イレブン・マディソンパークにて。

INSANE METHOD OF OPENING VINTAGE WINES - Using Port Tongs for a Petrus 61'



The Coolest Way To Open A Bottle Of Wine



タグ
世界で最も高額なワインは、ボトルを熱し、急激に冷やすことで割って開ける