ドラム缶で木を燃やし、水を沸騰させる蒸気機関トライクを自作
ドラム缶の中で木を燃やし、串肉を焼きつつ水を沸騰させて、蒸気の力を動力とする蒸気機関トライクを自作。

リサイクルした素材を組み合わせて作ったそうで、時速50キロは余裕で出せるとのこと。

二酸化炭素排出量が多すぎるのは今どきに則さないけれど、自作でこういうの作って走らせるのは楽しそう。

FIZ MEU PROPRIO VEICULO

































タグ
ドラム缶で木を燃やし、水を沸騰させる蒸気機関トライクを自作