洪水で店内が浸水しても命がけでゲームし続ける、フィリピンのゲーマーたち
今年7月にフィリピンで発生した台風6号、ファビアンの影響で、インターネットカフェ店内が浸水。

太もも付近まで水浸しにもかかわらず、オンラインゲームに熱中する若者たちはゲームを続行。

映像はカフェのオーナー、シオ・サムソンさんが撮影したもので、撮影後に若者たちは退店に同意、誰も感電せずに避難したとのこと。

たまたまなのか、もともとこうなることを見越しているのか、コンセントが上に付いていて良かった。

Online gaming addicts in cafe continue playing through typhoon flood | New York Post





















タグ
洪水で店内が浸水しても命がけでゲームし続ける、フィリピンのゲーマーたち