スカイダイビングでコードが足に絡まり、パラシュートを開けないアクシデント
スカイダイビングで飛行機から飛び降りた後、メインパラシュートを開くための小型パラシュート、パイロットシュートのコードが足に絡まってしまうというアクシデント。

このままメインパラシュートを開くわけにもいかず、落下しながらなんとかコードをほどこうと悪戦苦闘。

高度1500メートルまで対処を続けた後、予備のパラシュート、リザーブパラシュートを高度およそ900メートル地点で開くことができ、その後は無事に着陸。

事故が起きてもパニックにならず、冷静に対処して緊急時の手順に従ったダイバーは、素晴らしい対応であったとのこと。

【関連】
スカイダイビング中にダイバー同士が衝突、失神。寸秒を争う緊急事態に、最適な行動を取るスカイダイバーが素晴らしい
スカイダイビングで飛行機とジャンパーが衝突しそうになる事故、ダイバー視点の映像
スカイダイビング中に2台の軽飛行機が衝突、爆発。機内から脱出する主観映像が恐ろしい
スカイダイビング中に脱げた靴をスカイダイビング中に見事キャッチするスカイダイビング映像

Friday Freakout: Skydiver Has Horseshoe Malfunction + Bridle Wrapped Around Foot!
















































タグ
スカイダイビングでコードが足に絡まり、パラシュートを開けないアクシデント