ハロウィンの夜、クラブで目撃された泥酔男。

鏡の存在を認識できず、鏡の向こうへ行こうとして、鏡に映った自分自身に邪魔されてしまう。

目の前にあるのが鏡だと気付いて、自分の滑稽さに笑ってしまった模様。

相手の顔を見て、自分自身だと気づけただけまだセーフ。

【関連】
あまりにも酔っ払いすぎた男、鏡の中の自分を他人と思い込んで争う




タグ
他人
自分