風に舞う種子の空気力学に着想を得たマイクロチップ。広範囲に散布することで、大気汚染やウイルスを監視
羽のついた松の種子のように、空気抵抗を受けてクルクル回るようにデザインされたマイクロチップ、マイクロフライヤー。

史上最小の飛行人工物とのことで、大量に広範囲に散布すれば、大気汚染やウイルスの汚染状況などを監視することができる、という発想。

一番最後に出ている通り、マイクロフライヤーの一部は時間経過とともに自然分解されるとのこと。

Winged microchip is smallest-ever human-made flying structure













































タグ
風に舞う種子の空気力学に着想を得たマイクロチップ。広範囲に散布することで、大気汚染やウイルスを監視