至近距離から拳銃で撃たれることで防弾チョッキの性能を実証するCEO
防弾チョッキを販売するイギリスの会社、PPSSグループのCEO、ロバート・カイザー氏によるデモンストレーション。

グロック17を使って9mmパラベラム弾を至近距離から受けることで、同社の超軽量、極薄防弾チョッキの性能を実証。

結構な衝撃を受けて痛そうにしているけれど、銃弾は貫通せずに無傷。

関連記事の、同社開発の防刃シャツや最先端ボディーアーマーも凄い。

【関連】
刺突、斬撃、打撃に強い耐性を持つ最先端のボディアーマー。ナイフでめった刺し、バットで殴られるデモンストレーションが凄い
ナイフで刺されても金属バットで殴られても、ほぼノーダメージな耐刺突・耐衝撃ベストのデモンストレーション
防弾ベンツの性能を証明するため、またもやAK-47で撃たれてみたCEO
バットマンに憧れて自作したバットスーツがついに完成!高い耐衝撃・防刃性能も再現

CEO shot by Glock 17


















タグ
至近距離から拳銃で撃たれることで防弾チョッキの性能を実証するCEO