20本のカセットテープを切り替えられる、1970年代パナソニックの音楽再生機
20本のカセットテープを円形に配置し、切り替えて連続再生させることができる、1970年代に発売されたパナソニックの音楽再生機。

20本全てに180分テープを使えば60時間分、2日半の間、音楽を流し続けることができることに。

カセットテープの音質云々は置いといて、円形のデザインが素敵で、テープ切替時のガシャコンというメカニカルな音も心地よい。

【関連】
1979年当時の機材と手順でインターネットに接続する映像が興味深い

Fascinating Vintage 20 Cassette Carousel from 1972 : Panasonic RS-296US



























タグ
20本のカセットテープを切り替えられる、1970年代パナソニックの音楽再生機