魚を捕らえ、何度も叩きつけ、全身の骨を砕いてから丸呑みにするカワセミ
魚や水生昆虫など、水辺の小動物を捕らえ、丸呑みにするカワセミ

小さめの魚はそのまま丸呑みにし、大きい魚は硬いものに執拗に叩きつけてから飲み込む。

これはおとなしくさせているわけでも、息の根を止めているわけでもなく、全身の骨を砕いてから飲み込むためだとのこと。

消化しきれなかった分はペリットとして吐き出すため、デカくて長い骨が残っていると危険なんだろうね。

結構離れた場所の水面下にいる魚を狩る様子も凄い。

Kingfisher Fishing



タグ
魚を捕らえ、何度も叩きつけ、全身の骨を砕いてから丸呑みにするカワセミ