「指輪物語」を伝統的な手法と現在の技術で再製本。魔法のように光る本へと改造
J・R・R・トールキンのファンタジー小説「指輪物語」のカバーを取り外して再製本。

伝統的な手法で革張りのカバーを取り付けつつ、LEDを仕込み、レジンを流し込み、金具を鋳造して要所に使用。

質感も色合いも重量感がありつつ、表紙の紋章がまるで魔法のように光る、素晴らしい装丁に。

【関連】
ホントに魔法が使えそうな、魔導書っぽい本を装丁する工程が面白い
古い本を美しく蘇らせる、製本職人の作業風景

I massacred a Lord of the Rings book to make this

















































































タグ
小説「指輪物語」を伝統的な手法と現在の技術で再製本。魔法のように光る本へと改造