NASAが開発した、ニッケル・チタン製の形状記憶合金を編み込んだタイヤ
NASA・グレン・リサーチ・センターで開発された、変形しても元の形に戻るタイヤ。

ニッケルとチタンの形状記憶合金製ワイヤーを編み込んで作られており、これまでのローバーのタイヤでは破損していた地形でも、何事もなかったかのように元の形状に戻って使うことができる。

地球上の路面を走るのとは損耗具合がだいぶ違うだろうし、月面やら火星やらでの最適解はこういうところにあるのかもしれないね。

NASA Reinvented The Wheel - Shape Memory Alloy Tires



















































タグ
NASAが開発した、ニッケル・チタン製の形状記憶合金を編み込んだタイヤ