板状の歯で貝や甲殻類をすり潰す大型のエイ、マダラトビエイ
体盤幅が1.5~2メートルほどにもなる大型のエイ、マダラトビエイ

世界中の温暖な海域で見られる魚で、水温の変化に対応して外洋を長距離移動している。

大きな口吻で砂を掘り、ワーム類や貝類、甲殻類を捕食し、珍しい板状の歯ですり潰して飲み込む。

イタチザメやヒラシュモクザメなど、大型のサメたちに捕食されるため、尾の毒のある棘で身を守っている。

大きなエイというとオニイトマキエイを想像するけれど、マダラトビエイも特徴的な顔と生態で面白い。

Facts: The Spotted Eagle Ray
















































タグ
板状の歯で貝や甲殻類をすり潰す大型のエイ、マダラトビエイ