底の見通せない深淵を覗くと、そこにはまるいふたつの目。

深淵を覗いている時には、深淵もまた自分のことを覗き込んでいるのだということを忘れてはならない。

この深淵にだったら、ずっと覗いていても覗かれていても幸せ。

タグ
深淵