鶏の羽を食べられるようにお肉ソックリに加工する技術。タイのサラウットさんが開発
タイ、バンコクの小さな研究室でサラウットさんが開発したのは、鶏の羽を肉のように加工する技術。

鶏の羽は科学的には肉と似た構造をしているそうで、細かく砕いて増粘剤やスパイスを加え、オーブンで加熱して擬似的な肉に加工。

これまで捨てるしかなかった部分を食べられるようにするという発想は素晴らしい。

食べたいかと言われたら食べたくならないけど、動画で説明しているように、一口食べたらアリになるのかな。

The Man Who Eats Chicken Feathers

























































タグ
鶏の羽を食べられるようにお肉ソックリに加工する技術。タイのサラウットさんが開発