世界で最も寒い場所、ヤクーツク。普通と違う環境で生きていくための人々の工夫が興味深い
永久凍土の上に建てられた世界最大の都市で、最低気温71度を記録したこともあるという、世界で最も寒い場所、ヤクーツク

同都市を訪れた男性が、普通とは大きく異る環境や、ここで生きるための人々の工夫や行動を紹介。

金属は身に着けられないとか、エンジンかけっぱなしじゃないと車が使えなくなるとか、カメラやスマホも調子が悪くなるとか、死に直結する苦労が多すぎる。

2個目の動画はあらゆる物が凍ってしまう環境で行った実験8種のまとめ。

【関連】
強風吹き荒れる極寒のスペリオル湖でサーフィンすると、とんでもない事になってしまう
極寒の地でシャボン玉を吹くと、地面に落ちるまでに凍りつく
あまりの寒さで「噴出した形のまま凍りついた蒸気」が凄い
「極寒の地でお湯を撒き散らすと一瞬で霧となる!」という実験には事故が多い。たとえばこんな感じで

Visiting the COLDEST CITY in the World (-71°C, -96°F) YAKUTSK / YAKUTIA



8 Crazy Experiments at -55°C, -67°F / The Coldest City in the World: Yakutsk





































































タグ
世界で最も寒い場所、ヤクーツク。普通と違う環境で生きていくための人々の工夫が興味深い