コンゴのニーラゴンゴ山が噴火、多くの家屋が溶岩に燃え落ち、数千人が避難
5月22日、コンゴ民主共和国のニーラゴンゴ山が噴火し、23日にゴマ市に避難命令が出される。

ニーラゴンゴ山は2002年にも噴火しているため、被害の記憶も新しい住民たちは、避難命令前から行動を開始しており、数千人が避難したとのこと。

23日の正午の時点では噴火の勢いが弱まっており、焼けてしまった住宅の跡地で焼け残った家財を探す住民たちの姿も。

家が溶岩に飲まれて焼けてしまうというのはショックだけど、粘度が高くて避難する余裕があったのは幸い。

DRC volcano: thousands flee as Nyiragongo lava flows destroy homes

































タグ
コンゴのニーラゴンゴ山が噴火、多くの家屋が溶岩に燃え落ち、数千人が避難