発見されて間もない1915年のマチュピチュ遺跡。現在の風景と比較した写真
1911年7月24日にアメリカの探検家、ハイラム・ビンガム3世が発見した、インカ帝国の遺跡、マチュ・ピチュ

発見されて間もない1915年の風景と、同じ角度から撮影した2020年の風景を比較した写真が興味深い。

これだけ木々に埋もれていれば、確かに長らく発見されてこなかったというのも頷ける。

Machu Picchu, Peru 1915 and again in 2020
Machu Picchu, Peru 1915 and again in 2020



タグ
発見されて間もない1915年のマチュピチュ遺跡。現在の風景と比較した写真