スカイダイビング落下中の事故。減速用の小型パラシュートが足に絡まり、体勢を立て直せないで落ち続ける様子が恐ろしい
スカイダイビングで姿勢制御したり、減速したりするための小型パラシュート、ドローグシュートが足に絡まってしまうという事故。

絡まったドローグシュートを外そうと頑張るものの、靴が脱げてしまったり、足を痛めてしまったりで上手くいかず、緊急用のリザーブパラシュートを開くことに。

結果、うまく開いて無事に着陸できたものの、インストラクターは結構な重傷を負ってしまったとのこと。

スカイダイビング開始は2:00以降。

【関連】
スカイダイビング中にダイバー同士が衝突、失神。寸秒を争う緊急事態に、最適な行動を取るスカイダイバーが素晴らしい
スカイダイビングでパラシュート開き忘れ。地表スレスレで自動起動デバイスにより、九死に一生を得た瞬間
スカイダイビングで着陸寸前に自動装置が作動。予備パラシュートが開いて制御不能となり、駐車場へ墜落
スカイダイビング中に2台の軽飛行機が衝突、爆発。機内から脱出する主観映像が恐ろしい

Tandem Skydive GONE WRONG (foot caught in drogue chute)



















































タグ
スカイダイビング落下中の事故。減速用の小型パラシュートが足に絡まり、体勢を立て直せないで落ち続ける様子が恐ろしい