ハチドリよりも速く羽ばたき、機械的な音を発してメスを誘うキガタヒメマイコドリ
一般的なハチドリが1秒間に80回羽ばたくのに比べ、マイコドリ科のキガタヒメマイコドリは1秒間に107回羽ばたくことで独特な音を発し、メスを誘う求愛行動としている。

羽が発する音は1500ヘルツで、機械から発せられるビープ音であるかのよう。

羽には7つのうねがあり、上下に107回羽ばたくことで、7x2x107=1498、およそ1500ヘルツになるとか、高速羽ばたきのために発達した筋肉で飛行は不得手とか、WIREDで紹介されている鳥類研究科、Kim Bostwick氏の研究結果が面白い。

「世界最速の翼」は性淘汰で進化 | WIRED.jp

【関連】
行列作って入れ代わり立ち代わりメスにアピールする、エンビセアオマイコドリの求愛行動
肉眼では認識できないルリガシラセイキチョウの求愛行動を、ハイスピードカメラで撮影
伝統芸能のような舞いでメスを誘う、オウゴンフウチョウモドキの求愛行動
変形して踊り誘惑するニューギニア島の野鳥たちによる求愛ダンス

Amazing club winged manakin mating display video by Hans Heinz in Ecuador


















タグ
ハチドリよりも速く羽ばたき、機械的な音を発してメスを誘うキガタヒメマイコドリ