浅く雪の積もったある日、暇を持て余した人物が、広大な敷地内に絵を描くという一人遊びに興じている様子。

蜘蛛のデザインがイマイチながらも、蜘蛛の巣は本物と同じように縦糸から張るという点が正しくて評価できる。

誰も踏み入れていない広大な雪面に自由にお絵描きできるって最高。

タグ
一人
アート