「2+2=4」だと子供に教えた教師が糾弾される、奇妙な世界を描いたショートフィルム
算数の成績がひどかった生徒のダニーに、「2+2は22じゃなくて4」であると教えたウェルズ先生。

ところがダニーはその答えに納得せず、ダニーの両親は苦情を申し立て、校長も保護者たちもみな一様にウェルズ先生を攻め立てる。

簡単な算数もわからない人々が、正しい答えを伝える先生を糾弾する奇妙な世界を描いたショートフィルム。

こういう状況、今まさに色々な場所で目にする気がする。

【関連】
クライアントの無茶ぶりに苦悩する技術者を描いたショートコメディ The Expert

Alternative Math | Short Film































































タグ
「2+2=4」だと子供に教えた教師が糾弾される、奇妙な世界を描いたショートフィルム