わずかな時間を待てなかったために、バイクを失う羽目になった踏切事故の監視カメラ映像
遮断器が降り、電車が迫っているにも関わらず、踏切を渡りまくる人々。

そのうち、右手側からやってきたバイクの男性が、電車に気づいてギリギリで停車するも、誤操作で転倒。

バイクを起こす暇もなく、電車との衝突でバイクを失ってしまう羽目に。

下手したら損害賠償でもっといろいろなものを失うことになるけど、生命があっただけ儲けもの。

そもそも、右手側に遮断器が無いとか、みんな踏切内に侵入しすぎとか、ひどい。

When you can't wait for some seconds and paid the price.(No Injuries or Death)




































タグ
わずかな時間を待てなかったために、バイクを失う羽目になった踏切事故の監視カメラ映像