メドゥーサの頭を持つナマコ最大種、オオイカリナマコ。7メートルの大型個体をグレート・バリア・リーフで発見
特徴的な頭部の形状から、メドゥーサ・ワームとも呼ばれるナマコの一種、オオイカリナマコ

Wikipediaには、最大4.5メートルのオオイカリナマコの記録があるという記述があるけれど、グレート・バリア・リーフ外縁部で目撃されたこの個体は、全長7メートルという超大型個体。

海中のプランクトンを捕食するメデューサヘッドは、危険を察知すると体内に収納する仕組み。

世界のどこかにはもっと長いオオイカリナマコも存在するのかな。

7m Long MEDUSA WORM - creepy marine creature Mini Doco







































タグ
メドゥーサの頭を持つナマコ最大種、オオイカリナマコ。7メートルの大型個体をグレート・バリア・リーフで発見