カモの置き物がニセモノであるとなかなか気付けない鷹
無防備な姿をさらして逃げようともしないカモを狩ろうと近づいた鷹。

しかし、このカモには自慢のカギ爪も通用せず、何度押さえつけようとしても相手は平然と構えるばかり。

これだけ近くで接しても、なかなかニセモノだとは気付けないものなのか。

【関連】
忍び足でこっそりオオカミに近づく犬
「アレはいったい……!?」初めて目にする得体のしれない存在に恐れおののく犬

Hawk perplexed over duck

































タグ
カモの置き物がニセモノであるとなかなか気付けない鷹