ベッドのヘッドボードを無理やり自転車に改造、乗り回すという戯れ
ベッドのヘッドボード部分のパーツをフレームとして採用した自作の自転車を乗り回すサム・ピルグリムさん。

見た目はヘッドボードに自転車のパーツを無理やりくっつけたようなものだけど、自転車としての性能はそれなり以上。

車体バランス的にウィリー走行しやすいし、ちょっとした段差も大丈夫で、階段も山道も下れるというのはすごい。

【関連】
縦位置で「2メートルの社会的距離」を保つ自転車を自作した、発明男のコリン・ファーズさん
「猛ダッシュしてるマンガ表現」みたいな自転車、作ってみた
車のタイヤを無理やり流用。自作した太めの自転車がわりと格好いい
タイヤもフレームもみんな木製。ほぼ全てのパーツに木を使った木製自転車がすごい

RIDING THE CRAZIEST BIKE EVER MADE - THE BED BICYCLE!





































































タグ
ベッドのヘッドボードを無理やり自転車に改造、乗り回すという戯れ