縦横斜め、8本の竹の間を跳んでいく竹跳び
日本で目にする竹跳びは、2本の並行な竹を開いたり閉じたりして、その間を挟まれないように跳ぶもの。

中国の一部ではさらに複雑に、8本の竹を使った竹跳びが行われている模様。

とはいえ基本は同じなので、見た目ほど複雑なものでもなく、慣れれば簡単に跳べそうではある。

真ん中も使って跳んだらもうちょっと難しくなりそう。

Meanwhile, I stub my toe and hit my knee just getting off the couch.
Meanwhile, I stub my toe and hit my knee just getting off the couch..



タグ
縦横斜め、8本の竹の間を跳んでいく竹跳び