超巨大重機、バケットチェーンエクスカベーターがノシノシ歩くタイムラプス
巨大なチェーンソーの刃の部分にバケットが付いたような、超巨大な重機、バケットチェーンエクスカベーターが移動する様子を撮影したタイムラプス。

ちょっとしたビルよりも余裕で大きい構造物が、ノシノシと歩いていく迫力が凄い。

全長は160メートル、重量は5,600トン。1983年にソビエト連邦で作られた代物で、6人で操縦するものだとのこと。

RK 5000 bucket chain excavator - timelapse
















































タグ
超巨大重機、バケットチェーンエクスカベーターがノシノシ歩くタイムラプス