ウニのトゲトゲを意に介さずバリバリ噛み砕くカリフォルニアシープヘッド
全方位のトゲで身を守るウニを、容易く噛み砕くカリフォルニアシープヘッド(和名:カリフォルニアコブダイ、カリフォルニアヒツジベラ)。

昆布の群生地や岩礁に生息し、ウニ以外にも、カニやロブスターなど、防御力の高い生物の甲殻を噛み砕いて食する。

すべての個体がメスとして生まれ、ホルモンの変化によって体の大きな個体のみがオスとなるという。

最後、ウニを武器として使っているようにも見えるのが興味深い。

【関連】
見てるだけで痛い。鋭いトゲがビッシリ生えたサボテンをモシャモシャ食するラクダ

California Sheephead Shredding A Sea Urchin






























タグ
ウニのトゲトゲを意に介さずバリバリ噛み砕くカリフォルニアシープヘッド