100年以上昔に公開された幽霊屋敷ものの最初期のサイレント映画「ホーンテッドハウス」
1908年に公開された、幽霊屋敷もののサイレント映画「ホーンテッドハウス(The House of Ghosts)」。

スペインの映画監督、セグンド・デ・チョーモンが製作したもので、彼は様々な映像トリックや錯覚を駆使したことから、「月世界旅行」を撮影したジョルジュ・メリエスと比較される事も多いという。

勝手に物が動いたり消えたり、当時可能な技術をたっぷり盛り込んだ表現が興味深い。

The Haunted House 1908
















































タグ
100年以上昔に公開された幽霊屋敷ものの最初期のサイレント映画「ホーンテッドハウス」