トイレの排水からサンプル採取、新型コロナウイルスなどのウイルスを検出する、MITのプロジェクト
MITがキャンパス内の環境を安全に保つためにテスト運用している、トイレの排水からウイルスを検出するというプロジェクト。

トイレ排水から少量のサンプルを採取し、不活性化させた後に新型コロナウイルスやインフルエンザウイルス、ノロウイルスなどの有無を検査。

もしもウイルスが検出されれば、その施設の利用者にウイルス感染したものがいるということになる。

いたずらにPCR検査を繰り返しても、むしろ感染のリスクが上がってしまうこともあるし、まずはトイレ排水から感染の有無を確認するというのはとても賢い方法。

Testing wastewater to help detect Covid-19































































タグ
トイレの排水からサンプル採取、新型コロナウイルスなどのウイルスを検出する、MITのプロジェクト