子供のクマくらい大きな犬、ニューファンドランドと子どもたちの戯れ
もともとは重い荷物を引く作業犬として、また海難救助犬として活躍していた犬種、ニューファンドランドのハリーを見かけ、「撫でてもいい?」と近づいてきた学校帰りの子どもたち。

モフモフで可愛いけれど、子供のクマくらい大きなハリーに、押し負けたり逃げ出したりしつつも楽しそうな様子。

ハリーの体重はおよそ105キロだとのこと。すごい。

Harry Loves Kids

































タグ
子供のクマくらい大きな犬、ニューファンドランドと子どもたちの戯れ