さすがに捨てても良さげな錆だらけのラチェットドライバーを、新品同様に修復する職人
錆だらけで折れ曲がり、可動する部分も動かせなくなってしまった、1891年のドイツ製ラチェットドライバー。

さすがにもう捨ててしまったほうがいいんじゃないかと思う品質のものを、新品同様にピカピカに、ちゃんと使えるように修復する職人さん。

時計回り、反時計回り、固定状態で使用できて、テコの原理で回すこともできる。

パーツを溶接したあとで削ることで、こんなにキレイなパーツに生まれ変わるとは。

1891 German ''Weltrekord'' Ratchet Screwdriver - Restoration





















































































































タグ
さすがに捨てても良さげな錆だらけのラチェットドライバーを、新品同様に修復する職人