侵入方法がエグい。冷戦まっただ中のソ連某所、地下深くに建設された物資満載の地下シェルターを発見、侵入、探索
ロシア某所で発見された、1万人を収容できるように建設された地下シェルター。

空調のためと思われる、人ひとりがやっと通れるか通れないかというパイプを使って、シェルター内部に侵入。

物資納入の日付からすると、冷戦まっただ中のソビエト連邦時代のもので、放射能測定器や大量のガスマスク、アルコール、薬品、ディーゼル式のエンジン(発電機?)や、水を確保する設備などを発見。

行きも帰りも、あのパイプを通るのが怖すぎる。

【関連】
大量の物資も健在。廃墟となった工業団地の地下シェルター内部を探索してみた

Mission To Huge Fully-Stocked Underground Safe House Complex








































































タグ
侵入方法がエグい。冷戦まっただ中のソ連某所、地下深くに建設された物資満載の地下シェルターを発見、侵入、探索