猫が珍妙に描かれる中世ヨーロッパの絵画。それは宗教的な理由があったというお話
中世ヨーロッパの絵画に出てくる猫は、顔が不気味であったり、体型がおかしかったり、珍妙なデザインのものが多い。

それは画家の技量の問題ではなく、異国の神を悪魔として貶める宗教的な問題、猫は魔術に関わる邪悪な存在であるとする考えから生まれたものであるという。

当時は儀式的に焼かれる猫もたくさんいたという話が恐ろしい。

The Reason Medieval Paintings Of Cats Were So Bad - Cheddar Explains




























































タグ
猫が珍妙に描かれる中世ヨーロッパの絵画。それは宗教的な理由があったというお話