あらゆる味を合成、舌先で感じることができる味覚ディスプレイ「のりまきシンセサイザー」
明治大学の宮下研究室で開発された「のりまきシンセサイザー」は、5つの味を合成することで、あらゆる味を舌先に感じることができる味覚ディスプレイ。

海苔巻き型デバイスの先に付いたゲルには、甘味、旨味、酸味、苦味、塩味の5つの基本味を感じられる電解質が含まれていて、電気泳動によってそれぞれの味をオン・オフ。

それぞれの味覚の強弱により、任意の味を再現できるとのこと。

単純に味覚だけで、どれくらいの味を再現できるのかというのは非常に興味深い。

[CHI2020] Norimaki Synthesizer: Taste Display Using Ion Electrophoresis in Five Gels












タグ
あらゆる味を合成、舌先で感じることができる味覚ディスプレイ「のりまきシンセサイザー」