飛行機型の発電機を凧のように飛ばし、風の力で電力を得る発電システム
風を受けて発電する8つのローターを備えた飛行機型の風力発電機を、凧のように飛ばして発電するというシステム。

発電機はベースステーションから風下へ、少量のエネルギーを消費しつつ揚げられ、高度を上げた後は発電量が最大となる円形の航路を自律飛行し、発電を行う。

設置場所は選ぶけど、効率よく発電できればいんじゃないかと思って調べたら、今年頭に終結宣言されたプロジェクトであるみたい。

凧で風力エネルギーを得るMakaniにAlphabetが終結宣言 | TechCrunch Japan

凧タイプの風力発電システムは時々出てくるけど、やっぱりいろいろ難しい部分があるのかね。

【関連】
ローターそのものが空を飛ぶ、飛行船タイプの風力発電システム Airborne Wind Turbine
これは画期的! 凧揚げで発電する風力発電機 Kitegen Stem

Makani energy kite flight summary







































タグ
飛行機型の発電機を凧のように飛ばし、風の力で電力を得る発電システム