バックボードに当たればだいたい入る、ハイテク・バスケットボールフープ
先日、「正面からシュートするとだいたい入るバスケットボールフープ」を作った製作者が、前作に満足できずに作り上げたのがこの新作。

カメラで人間とボールの動きをトラッキングし、ボールの軌道を予測。

バックボードに当たったボールがフープ内に入るように、バックボードの角度を変更することで、バックボードに当たったボールはほとんどゴールするという仕組み。

奥さんとも仲良さそうでなにより。

【関連】
正面からシュートするとだいたい入る「いつも入るバスケットボールフープ」

How I made a robotic basketball hoop won't let you miss


































































タグ
バックボードに当たればだいたい入る、ハイテク・バスケットボールフープ