海賊に対して蒸気や熱風、硫酸を噴射して撃退する、貨物船の防衛設備
インド洋を航行する貨物船、MVインビクタが海賊の襲撃を防ぎ、撃退するために設置している防衛設備を紹介した映像。

後部デッキは警告のサイレンとともに蒸気を噴射し、船室の前方は古い油と硫酸まじりの海水を熱風とともに吹きかけ、デッキ表面にはバラスト水を放出して海賊船に水をかける。

ほとんどの窓には鉄柵が取り付けてあり、緊急事態には機関室から船の制御が可能で、船内をカメラで確認することもできる。

動画は2013年にアップロードされたもので、現在はソマリア海賊の被害もあまり耳にしなくなったけれど、いざという時の備えは大事。

anti pirate protection on cargo ship











































































タグ
海賊に対して蒸気や熱風、硫酸を噴射して撃退する、貨物船の防衛設備