飼育放棄で80キロ近い体重になってしまったゴールデンレトリバー、厳格なダイエットとフィットネスで45キロの減量に成功
前の飼い主からほとんど散歩に連れて行かれず、太り過ぎ、安楽死させるために獣医のもとへ連れてこられたゴールデンレトリバーのカイくん。

獣医は安楽死を拒否し、新しい飼い主となったパムさんと協力して、厳しい食事制限をもうけ、1日3回の散歩や運動を敢行。

最初は体重173ポンド(約78.5キロ)で、玄関の階段3段を登るのにも20分かかっていたけれど、100ポンド(約45キロ)の減量に成功し、一般的なゴールデンレトリバーとほぼ変わらない体型に。

太りすぎてる状態も見た目は可愛いんだけど、絶対体によくないものね。

173-Pound Golden Retriever Loses Over 100 Pounds | The Dodo



















































タグ
飼育放棄で80キロ近い体重になってしまったゴールデンレトリバー、厳格なダイエットとフィットネスで45キロの減量に成功