「わたしを食べて」と言わんばかりにカエルの目の前で誘惑を繰り返す、自殺願望強すぎる毛虫
カエルの目の前に姿を現すというだけでも自殺行為なのに、体を揺らして存在をアピールし、どんどん近づいていき、体を伝って口まで登っていく。

毛虫の行動が、完全に「わたしを食べて」と言っているようにしか思えない。

最初、カエルにその気が内容に思えたのは、ボーッとしてて気がついていなかったからなのだろうか。

eat me please .



























タグ
「わたしを食べて」と言わんばかりにカエルの目の前で誘惑を繰り返す、自殺願望強すぎる毛虫