洋画でよく見る藁の円柱、ロールベールをまるごと突っ込み燃料とする装置
カナダ、サスカチュワン州で農業を営むロン・ホルバートさんが紹介する、干し草や藁を束ねたロールベールを燃料とする装置。

彼の家2軒を温める暖房器具として機能しているほか、動画後半に出てくる穀物サイロ1棟を6日ほどで乾燥させられるとのこと。

暖房と乾燥それぞれのコストを年間5,000ドル以上も節約できる装置なんだとか。

こういう、一部の地域、業種の人しか知らないし使わないような機械を見るのって楽しい。

Portable Straw Boiler System






















































タグ
洋画でよく見る藁の円柱、ロールベールをまるごと突っ込み燃料とする装置