画像処理でピンポン玉の3D位置を計算しつつ、正確に弾ませて制御するマシン
ピンポン玉の3D位置を120FPSのリアルタイム画像処理データから計算し、ステッピングモーターで動く4本のアームでガラス板を傾けて、弾む強さや方向を制御するマシン「オクトバウンサー」。

静止状態から弾ませたり、円を描いて転がしたり、決められた位置へと移動させたり。

2015年からマシン製作を思いついて、完成したのが今年であるとのこと。

使用しているパーツやソフトウェアなど、技術的な詳しい内容は以下の英文記事に。

The Octo-Bouncer - Electron Dust

【関連】
ピンポン玉をラケットの上で弾ませ続けるロボット
The Octo-Bouncer



























タグ
画像処理でピンポン玉の3D位置を計算しつつ、正確に弾ませて制御するマシン