1グーゴル(10の100乗)という膨大な数字を、100個の歯車で視覚化した装置
生まれてから10億秒(31歳くらい)を迎えたダニエル・デブルインさんが、グーゴル(10の100乗)を視覚化した装置を製作。

直列に連なった100個の歯車は、ひとつ手前の歯車が10回転するごとに1回転する。

そのため、最後の歯車を1回転させるために、最初の歯車を1グーゴル回転させる必要がある。

アーサー・ガンソンが制作した、最後端の歯車がコンクリートに固定されているのに動作するアート作品「マシン・イン・コンクリート」(2個めの動画)に触発されて製作したものであるとのこと。

グーゴルを視覚化と言っても、数字が膨大であるだけに、見た目の変化がなさすぎる……。

The universe's biggest gear reduction!



Machine with Concrete - Arthur Ganson
























タグ
1グーゴル(10の100乗)という膨大な数字を、100個の歯車で視覚化した装置