ヨウムは高いレベルの社会的知性と協調性を持つという、マックス・プランク鳥類研究所の実験結果
マックス・プランク鳥類研究所の実験によって明らかにされた、ヨウムの高いレベルの社会的知性と協調性。

金属製のトークンを人間に手渡すとエサが貰えると学習している2羽のヨウムの、左側は入り口を塞ぎ、右側だけやり取りできる状態に。

左のヨウムは見返りが無い場合でも右のヨウムを助け、右のヨウムだけが報酬を貰えるという状況に嫉妬する様子も見られなかったという。

昔紹介した「不公平感に憤るサルの実験」なんかを見ても、知能が高いからこその不幸も多いんだなぁと思ってしまう。

【関連】
アイツはブドウ、オレはキュウリ。「そんなの不公平だ!」と憤るサル
猿「さっさと寄こせ!」バナナをあげたのに恩を仇で返す系のサル
ネズミもカメレオンと同じように、左右の目を別々に動かして周囲を観察している
運転席を8本のケーブルで吊り下げ動かす、大掛かりで凄そうな体感シミュレーター

Grey parrots help others to obtain food



























タグ
ヨウムは高いレベルの社会的知性と協調性を持つという、マックス・プランク鳥類研究所の実験結果