映画「時計じかけのオレンジ」のあのシーンを思い出してしまう、お人形さんの製造風景
お人形さんの顔の部分に目玉を入れる製造風景。

製造する上で、この器具を使ってこうやって挿入するのが効率的なんだろうけど、見た目からしてとても痛そうに思えてしまう。

出来上がった人形は可愛いのに、こんな過酷な製造工程を経ていたとは……。

スタンリー・キューブリック監督の名作映画「時計じかけのオレンジ」に登場する、あのシーンを思い出すね。

【関連】
人形の髪の毛をハイスピードで植えていく、人形製造工場の植毛マシンが凄い
シリコン、粘土、樹脂を使って人間ソックリの彫刻を作り上げるメキシコのアーティストが凄い
カラス撃退にも良さげ?巨大な目玉が浮遊する、風変わりなマルチコプター
羊毛フェルトでリアルな猫を作る制作過程がスゴい

0.o
0.o










































タグ
映画「時計じかけのオレンジ」のあのシーンを思い出してしまう、お人形さんの製造風景