古本屋で購入した「ウォーリーをさがせ」の全ページをスキャンし、フォトショップでウォーリーの存在を抹消。

加工した画像を印刷し、「ウォーリーをさがせ」に丁寧に貼り付けたら、販売していた古本屋の本棚にこっそり返却。

手にした人からすれば、いくらさがしても見つからず徒労に終わるわけで。なんて酷いことを思いつくんだ……。










































タグ
ウォーリー
所業
悪魔
存在
ウォーリーをさがせ