タタリ神は海の中に実在したんだ!……と思ってしまうほど、ひとかたまりの生き物に見えるゴンズイの幼魚の群れ
触手のようなウネウネがひとかたまりになり、ひとつの生物であるかのように蠢いている姿は、まさに「もののけ姫」のタタリ神。

これはナマズの仲間、ゴンズイの幼魚が固まって行動する「ゴンズイ玉」と呼ばれる形態。

この中に突っ込んでみたい衝動に駆られるけれど、ゴンズイは毒を持っているので注意が必要であるとのこと。

【関連】
カツオドリにイルカ、サメ、クジラまで!イワシの大群、イワシ玉をめぐる水面下の争奪戦
タコが為す術もなく魚の集団に捕食されていく映像
「ね?平気でしょ?」ピラニアの群れが泳ぐプールに入る男、ジェレミー・ウェイド
日本では禁止されている電気ショック漁法にて、コイの群れを一網打尽に





































タグ
タタリ神は海の中に実在したんだ!……と思ってしまうほど、ひとかたまりの生き物に見えるゴンズイの幼魚の群れ